レーザー治療の注意点

未分類

美容皮膚科で行われるエイジングケアの為のレーザー治療では、誰でも受けられるわけではなく、気を付けなければならない点がいくつかあります。ここでは、エイジングケアの為のレーザー治療を受ける際の注意点について、ご説明します。

レーザー治療後は、肌が赤くなったり腫れたり、かさぶたが出来る場合があります。個人差はありますが、レーザーが照射される事で肌への負担は多少なりともあります。ヒリヒリとした痛みを伴う人もいますが、数時間で治まる事がほとんどです。症状がひどい場合は、軟膏や絆創膏を貼るなどの幹部を保護する処置を行ってもらえます。かさぶたは無理矢理剥がすと出血してしまいます。新しい表皮が再生され、かさぶたが自然と剥がれるまでは、決して剝いではいけません。次に、紫外線対策です。レーザー照射後は肌がダメージを受けている状態にあるので、紫外線を直接浴びる事で、更に状態を悪化させてしまいます。日焼け止めを塗るなど、必ず紫外線対策を行って下さい。また、レーザー照射後は肌が乾燥しやすくなっているので、充分な保湿をする事が大切です。その他にも、非常にデリケートとなっており、外部からの刺激を受けやすくなっているので、刺激などは与えないようにします。

レーザー治療を受けた後は、これらの事を必ず守るようにし、日頃のケアも正しい方法できちんと行うようにしましょう。

Pocket